CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
<< 失敗のススメ | main |
今、この時だからこそ

 今週末、東京とその近県では外出自粛要請が出ています。埼玉県も右に倣え、御多分に洩れず外出制限が出ている訳ですが、まさにその週末はじめの土曜日にこの短文を書いています。それは、いつもの土曜日と変わらずに今日も靴工房は営業していて、靴工房に通ってくる生徒さんを受け入れているからなのです。日本がワンチームになってコロナに立ち向かうという時に、不謹慎だと憤慨される方もおられるかと思って、僕が工房を開けている経緯や考えを、今この時だからこそ伝えておきたいと思っています。

 

 そもそも、不要不急の外出は自粛して欲しいと言うけれど、諸外国のように2週間家に留まっているというようなものではないらしい。それではその不要不急の要件って何?と思ったときに、昨日のTVニュースで大学教授でもあるコメンテーターが言ってたのは、それは命を繋ぐ行為以外のことであると。生きることに直結している事柄はそれに当たらないという。例えて分かりやすく言うと、食料品の買い出しや日々の通院、健康を維持するための運動などは自粛すべき外出には当たらないということらしい。では、靴工房で靴を作ることはどうなるのでしょう?さすがに靴が作れないからといって命の危機を感じることは稀なので、そういう定義に照らすと靴作りはズバリ不要不急のことに当たるのでしょう。

 

 ではなぜ、今回の外出自粛に至るような理路や条件等を認識していながら、その制限の真っ只中で工房を開いてるいるのか?と疑問に思うのは、目端の利いた大人なら当然の思考だろうと思います。なぜなのかを端的にいうなら、それは僕にとって靴づくり(靴工房)が生きることに他ならないからです。

僕は、靴工房で生徒さんに靴作りを手ほどきすること、靴や足で困っている人の靴を作ってあげること、そういうことを自分もやりたいという人に靴作りを手渡すことを生業にしています。そのお陰で家賃を払えたり、日々の食事ができたり、子供を学校に通わせたりできています。他のお店を経営している人やフリーランスの人はわかると思いますが、そのこと自体が経済的な支えであることは当然ながら、さらには精神的な面に於いてもそのこと自体が「自分が生きる」ことに他ならないのだと。

 

 今春も4月から第15期WORKSが入学してきますが、新入生には必ず伝える言葉があります。「手づくり靴は仕事ではなく、私事=作り手の生き方です。どんな靴を作りたいのか、どういう人に履いて欲しいのか、どんな環境で作りたいか、そしてその靴でどんな社会を築きたいのか。手で靴を作るということは、自分自身を作る(見つめる)ことに他ならないのです。」

そして何より、靴は生活道具です。自宅でお母さんが日々の食事を料理してくれるように、自分で履く靴も自身の手で作れるならば、自分の足(好み)にピタリと合うものができます。そうなることがどんなに素晴らしいことか、靴や足で悩んだ経験がある人は言わずもがなでしょう。

そして僕が(ノグチ靴工房)が目指すところが正に、靴づくりは生活技、普段技だということです。つまりそれは誰でもが靴を作れるようになるコトです。靴が必要だなと思ったときに、お店で買おうか、それとも自分で作ろうか、自然にそういう選択肢がみなさんの頭に浮かぶ。そうなることが僕の考える手づくり靴の理想なのです。学生当時、靴の師が「おにぎりが握れるならば誰でも靴は作れる」と言っていたのは、それを言い得た言葉だったなと今になって思います。

 

 皆さんとその暮らしに寄り添うような靴作りを目指している者にとって、今回の外出自粛で生きることに直結しないからという理由では、靴工房を自ら閉鎖する気持ちにはなれませんでした。コロナは脅威ですし、大事な生徒さんにも感染はさせたくないです。最大限に自分にできる工房の除菌や時間ごとの換気、自分の体調管理などをして、極力科学的なエビデンスに基づいた情報収集、行動に努めています。何より履く人の身体や健康を優先に靴を作っているものとして、いざという時は誰よりも迅速に、工房を一時閉鎖することを厭わない、靴屋としての矜持も持ち合わせていることをお伝えしておきます。

 最後に蛇足ですが、政権中枢にいるどんな政治家よりも自営業者のみなさんの方が、真摯に「生きること」に向き合っていることだけは伝わって欲しいなと思っています。

 

| - | 17:53 |