CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
<< WORKSが変わります。 | main | 夏のロビィ祭りの成果 >>
「手づくり靴」の作り手として
 先日、僕が靴を習ったモゲ・ワークショップ(現在の呼称はmoge塾)のブログを見ていたら自分の名前が出ているのに驚き、内容を読んでみると少し考え違いがあるのではというものでしたので、ご本人にはメールでその旨をお伝えしました。
いつも返事は無い方なので、結果どうなったかは特に関与しませんが、モゲさんのブログだけ読んでいる方は思い違いのままというのはいけませんので、その時の手紙の内容をここに載録しておきたいと思います。





大変ご無沙汰しております。
いつものようにブログを拝見しておりましたら、自分の名前が出ているのに驚き、
学生当時よく怒られていたのを思い出して懐かしんでおりました。
今では苦言を頂くような存在の人も周りに少なくなり、嬉しくというのは変ですが、光栄に思っています。

さて、こんな機会でもないとなかなか自分の考えを伝えることも無いと思い、
モゲ・ワークショップを出たひとりの者が、どのような思いで靴をつくっているのかをお伝えしようと筆を取りました。
そういう主張ができることが、モゲ・ワークショップで学んだことの一つだと思っておりますので、どうぞご容赦ください。

モゲさんがブログ中で引用している文言、「当時のモゲ・ワークショップでは、技術的な知識や経験が不足しているだろう所は多少あったと思う」というくだりですが、
2014年に、確か都内の靴学校が幾つかある中、どこが良い学校かというような質問をしてきた人に対して返答した「素朴な質問に対する厄介な回答」というなかの一節だと思います。
前後の文脈を見て頂くと分かるのですが、決して技術の優劣をもって学校や人を評価しているのではありません。
むしろその逆で、そういう外形的なものが学校や指導者の評価を決めるものではなく、教えを請う側の心構えや価値規範を問うている内容で、自分が教えを請うたところの価値というは、将来自分自身がそれをどう血肉にしたか(自分次第)で変わるのですよ。ということを伝えたかったのだと思います。

モゲワークショップを出て、自らを「手づくり靴」の担い手と信じて、今年で工房を構えて16年目を迎えました。
僕の認識不足かもしれませんが在籍していた当時は、まだモゲさん以外に「手づくり靴」のワークショップのみで本当の意味で独りで生計を立てている人は(結婚されていて独立されてる女性は何人かいましたが)いなかった様に記憶しています。
それならばと、後から続く「手づくり靴」を目指す人たちの、大きな夢ではなく、小さくも確実な道しるべとなろうと自分を鼓舞し、勝手な思いで独りこの道を歩んで来ました。
あの一節は、「手づくり靴」が軌道に乗ってある程度安定している所にいようとも、自分にはまだ何か足りないものがあるだろう(何事も完全なことなどない)という思いで、常にある種の危機感を抱きながら靴づくりを続けてきたことへの表れだと思います。

若輩ながら、僕は手づくり靴の専修科を主宰させて頂いていますが、その希望者に向けて書いている一節をここに、僕の「手づくり靴」への取り組みとしてご認識頂ければ幸いです。

自分にとって良い靴とはどんなものか、どういう靴を作ってどんな人に手渡したいのか。
そして、将来どんな社会を築いていきたいのか。
今までの自分と向き合って靴との関わりを探求していきます。
靴の本意とは何かと考えることは、
自分自身の「生きかたち」を見い出す手がかりにきっとなるはずです。


モゲさんは「手づくり靴」のパイオニアとして尊敬する方ではありますので、末永いご活躍を祈るばかりです。
僕は僕の「手づくり靴」を全うすべく、自分自身の信ずる道を進むのみです。
| 雑記 | 12:51 |