CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
<< WORKS説明会に思うこと | main | 足と靴のお話(ハイヒールを作らない訳) >>
自転車シューズ製作記


競輪選手用シューズの石膏型を仕込んだ所です。
今回は自転車用シューズの製作課程をちょっとだけご紹介しましょう。

マスター型(純粋に素足を石膏で取って整形したもの)は一作目の時に作ったものがあるので、そこに靴の裏地や靴下のような追加になる分をシートワックス(シート状になったロウで、均一に1mmや2mmで容量を増やせるスグレモノ)を張る。
そして、歯医者さんが歯の型を取る時に使う印象材(ピンク色でミントの味)に、そのマスター型を入れてレプリカ型をつくります。
レプリカ型をカーボン屋さんに送って底面にカーボンシートを張ってもらうと、自転車シューズ用のカーボンソールが出来上がるわけです。なぜレプリカを作るかと言えば、カーボンソールが固まった後にソールを外すために、石膏型はたたき壊してしまうからです。カーボンソールが出来あがって来て靴のアッパーをつり込むときのために、石膏型(マスター)は残しておかなければならないのも理由の一つです。

只今、3月開催のG1に向けて鋭意製作中です。
| 自転車 | 10:09 |