CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
<< 妖怪将棋 | main | 宮代の家(手摺) >>
宮代の家(新年)
皆様、あけましておめでとうございます。
昨年はノグチ靴工房にとって区切りの年になりました。
今年からはこの先の10年を見据えながら、新しい試みと共に歩みを進めてゆくことと成りました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さて、正月に実家へ帰省しましたので拙宅の様子をご報告します。
外観はここ1ヶ月くらい目に見えて変わった感じはなく、外壁や内装の下地を作っている状況。
1階リビングから吹き抜けを見上げると、片流れ屋根の最上部で階段上の天井が見えます。
2階は吹き抜けを中心に回廊風になる計画で、各部屋の引戸を開けておくとグルリと回れる空間になります。

今後の作業で、外壁はガルバリュウムの素地(無塗装の銀色)で内壁はケナフ紙を貼ってもらう予定。ガルバリュウムというのはいわゆるトタン板です。
設計士さんに外壁の素材と色はどうしますか?と聞かれた時に「銀色=トタン」でと答えたら、
良い選択だと思いますが、それを選ぶ人は珍しいと言われたことを思い出します。
でも、設計当初から拘っていた「質素で小さい家」には、銀色のトタン板がお似合いだと以前から決めていたのでした。

足場を取り払った時、どんな家が現れるか楽しみになってきた!

外観
吹抜
回廊
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 10:54 |