CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
<< フルカスタム de サイクルシューズ(新ステージ) | main | 2014 >>
年末年始の予定と大切なお知らせ

先週22日(日)をもって今年のクツ教室とワークス、貸工房などは終了となった。あとは残った仕事を片付けて29日か30日に大掃除をすれば、正真正銘のお正月休みとなる。
なお、年末年始の工房は、12/25(水)から新年1/5(日)までお休みになるのでお間違えなく。

また、来年一年をもって実質的にノグチ靴工房は茅ヶ崎を離れるので、教室の生徒さんにはクツ工房移転の経緯を記した書面をお配りした。
最後の週をお休みした生徒さんや、部数の都合上配布できなかったワークスとその卒業生には、全文をここに掲載するのでお正月休みにお時間がある方はご覧頂ければと思っている。(長文なのでお暇なときにどうぞ!)
 


ノグチ靴工房からの大切なお知らせ。

 以前からブログをご覧の方へは折に触れてその経緯をお知らせして参りましたが、ノグチ靴工房は、2015年・春に主宰者・野口マサジの郷里である埼玉県に活動の拠点を移すことを、この度あらためましてみなさんにご報告したいと思います。

 ノグチ靴工房は茅ヶ崎で工房を開いてから来年(2014年)で14年目を迎えます。

工房を構えた当初は、全く縁もゆかりもない土地で明日の存続さえも危ぶまれる困難な状況もありましたが、年を重ねるごとにみなさんに認知して頂き、今日「手づくり靴」で生活が安定させられるまでになりました。

結婚して新しい家族も増え、気づけば茅ヶ崎は生まれ育った埼玉の次に長い月日を過ごした土地になりました。

そんな第2の故郷であり、毎週通って頂いている沢山の生徒さんや、かけがえのない地元の友人もできた茅ヶ崎を離れようと思ったきっかけは、父親の死と子供の誕生でした。

 今から15年前に絶縁状態で埼玉の実家を飛び出して、靴の世界に飛び込んでから8年が経っていました。この仕事だけでご飯が食べられることが特別なことではなく日常となり、「独りでここまでやってきたぞ」とやっと父に報告できるようになったと思った矢先に彼は他界してしまいました。

その後、結婚して自分も男の子の父親になり、大工職人で同じ境遇であっただろう当時の彼と幼い私の姿を今の自分と息子に重ねて考えさせられることも多くなりました。そして父がそうしたように、自分の生まれ育った土地で子供を育てたいという思いが次第に強くなっていきました。

 私の実家は兼業農家といって、父が大工をする傍ら家族が日々食べられる程度の米や野菜を母と一緒に作っていました。父が亡くなった後、田植えや畑仕事をするのは専ら年老いた母の仕事になりました。

「土を耕して食物を作れば最低限生きてゆける、そう思えば人生何だってやれないことはない。」そういう考えが私の礎になっているように思えて、息子には「何も持っていなくても一から土を耕してたくましく生きてゆけるように」と願って「耕太郎」と名付けました。

そして、母を独り残していること、食と家族の生活と自分の仕事が一つになるような環境で子供を育てることを考えたとき、当初は何か見えない力に動かされているような感覚でしたが、今はその時の実家に戻ろうという決断が必然であったように思えてなりません。

 郷里に帰って「手づくり靴と農業」を兼業にすることをブログに初めて記したのが2010年のことで、それから5年後に実現させる計画で気持ちだけは少しずつ前に向かって動き出していた翌年に東北の大震災がおきました。

その時に二人目の子供がまだ妻のお腹の中にいて、震災後の動乱が未だ終息しない中で女の子が誕生しました。食の安全、家族や地域の人達との絆など、社会の価値観を一変させてしまう程の衝撃を突きつけられましたが、その一年前に、拠点を移してしまうことで順風満帆であった靴の仕事が縮小するか、または新たな土地で再開すらできなくなる不安があったにもかかわらず、移転を決断した方向性は決して間違っていなかったと不謹慎ながらも確信させてくれた出来事でもありました。

 ノグチ靴工房による茅ヶ崎でのクツ教室は、2014年・12月いっぱいを区切りに考えています。その後、茅ヶ崎の工房は後進の手に委ね、新たな形態となって継続される予定です。

2015年からは、新天地の埼玉で手づくり靴と自然農業を軸として、食の安全や人と人との繋がりをテーマにさらに「手づくり」の輪を広げてゆこうと考えています。また、新しい工房に移っても今まで通りクツ教室と靴の学校・ワークスは継続してゆくつもりです。

なお、移転先や茅ヶ崎工房(仮称)の詳細が決まりましたときは、逐一ご報告させて頂こうと思っています。

 食・仕事・育児がより密接した新たな環境で「生きる」ということを実践してみたいという更なる挑戦です。

みなさんに応援して頂ければうれしく思います。

突然の身勝手な話で大変申し訳なく思いますが、何卒ご理解を頂けますことをここにお願いいたします。

ノグチ靴工房主宰 野口マサジ

| 雑記 | 12:05 |