CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
<< mobileコウシン(更新) | main | 門出を言祝ぐ >>
夏休みの訳
 今日で7月のクツ教室が修了。
例年のことであるが8月は1ヶ月間夏休みとなる。

当工房は古い平屋の民家をリノベーションしたものであるが(そう言うとかっこいいけど、お金がないので仲間たちでとりあえずナントカしたので)、断熱材が入っていない屋根の、抜いてはいけない天井を抜いてしまっていて、真夏は照りつける太陽の熱が直に工房内に滞留することで、エアコンを使っていても室温は常に30度以上、酷いときは35度を超えてしまうこともある。(余談だが冬も尋常でなく寒い)

といった理由で8月は1ヶ月間お休みを頂きます、と週の頭から教室の生徒さんに説明して回っていると、週も後半になってくると自分が何度も言い訳しているように思えてくるのである。

また、毎年のように「夏休みが1ヶ月もあっていいですね」と言われるので、これも毎回言っているので言い訳のように聞こえるが、
「8月中もワークス(専門科)や貸工房生は来ているので、僕は通常どおり毎朝8時半に工房に来て、日課のお掃除をし、10時に生徒が来るのを迎え、一日のお仕事をこなして夜の10時少し前に家に帰る生活ですよ」とお伝えするのである。

ただ、夏休み中はクツ教室の準備等がない分、普段やり残したり手がつけられない仕事ができるのがうれしいのは確かである。

今回はヒロさんの木型講座で学んだことを活かして新規の木型を起こすのと、半期分放りっぱなしの経理を何とかせねば、な夏休みになるだろう。


みなさん暑さもこれからが本番なので、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

| スケジュール | 17:48 |