CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
靴とパンのお仕事

 私ごとで恐縮ですが、この度、実家の敷地内でkuroパンという小さなパン屋を始めることになりました。

ノグチ靴工房&Farmという活動の一環としてのパンなのですが、靴や生活用具、食や農業など、日々の暮らしを自らの手に託して、その中のコトガラや環境を作り育み、生まれ育った宮代町をベースに皆さんと共有するという考えが礎になっています。2015年に宮代町へ移住(戻って来た)時に温めていたものでしたし、正確に言うとそういうことをやるために宮代に戻る計画を、その5年も前から立てていたということになります。

 

 とは言っても僕がパンを焼くわけではなく、パン屋の仕事は専ら妻が担うことになります。ちなみに、僕は靴を作ること(作ることを教ええることも)を生業としていますが、実は靴を作ること、パンを作ることに特別な資格は必要ありません。誰でも靴職人、パン職人を始めることができます。先ほど、誰でも靴やパンを始めることはできると書きましたが、靴職人やパン職人に成れるとは言いませんでした。昨今は第何次かのパンブームだと言われているそうですが、そういう時流に乗ってパンや靴を始めるという人もいるでしょう。それには特に否定的でもありません。靴屋になりたければ靴を作って(もしくは作らせて)売ればいいのです。パン屋も同じ論理でパン屋にはなれると思います。けれども、それを長く続けて靴職人やパン職人に成れるかどうか、皆さんに求められ愛される靴やパンが作れるかどうかは別だということです。ノグチ靴工房やkuroパンは単に靴やパンを売る人にはなりたくありません。靴やパンに乗せたい思いがあるから靴やパンを手で作っているのです。

 

 暮らしの中で必要なものを自身の「手」で作ることで、自分が生きること、周りの環境、社会の有り様について考えたりすることが大事だと思います。それをきっかけに地域で新しい交流が生まれたりするのも願っていることです。また人が生きるためには「食」が切り離せないことは言わずもがなですが、食物の育まれる過程や昔ながらの調理方法を継承して、農のある暮らしを持続してゆくことも重要なテーマだと考えています。

つまり、そんなことを思いながら靴やパンを手づくりしているのです。モノを作ることを生業にしていますが、手で作ると「仕事」というのは「私事」というふうに書き換えられるのだろうと思っています。自分たちは作った「モノ」よりそれに一緒に乗せた伝えたい「コト」を届けるのが本当のシゴトだと思っているのです。

| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 15:45 |
宮代の家(完成)
先日、実家の宮代町に建てていた家が完成して、この度鍵の受け渡しがありました。

最初に設計士さんに相談してから2年と3ヶ月を経て、こうしてようやく自分たち家族の家が出来上がりました。
小さくて質素でも、自分たち家族に相応しい家が欲しいという思いが、それなりに形になっていると感じています。

そして、ここに20年、30年と住まうことで人も家も成長して、やっぱりこの家に住んでよかったなと思えるようになっていたいな。
宮代の家(外観)宮代の家(リビング)宮代の家(ストーブ)


 
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 18:05 |
宮代の家(手摺)
実家に建設中の「宮代の小さな家」は、外装がほとんど張られてやっと家らしくなってきました。

 プランを練っている段階では、階段と吹抜け手摺は鉄製で造ってもらおうと意気込んでいましたが、打合せを進めるうちに予算的に諦めざるを得ないことになってしまいました。
それではと、代案としてホームセンターの資材コーナーなどで手に入れることができる鉄の丸棒を、木製の階段や手摺に桟の代わりに通してもらうことを提案していたのでした。
 その吹抜け手摺があらまし出来上がったという報告が先日設計士さんからありました。どうです、お安く出来る割にはなかなかのアイデアでしょう。(設計士さんと大工さんが何とか収めようと骨を折ってくれたのは言わずもがな)
吹抜け手摺1吹抜け手摺2カウンター
 黒い板の方はキッチンとダイニングを繋ぐカウンターになる予定。
実はこの板、大工だった父が生前自分で母屋を建て直す時のために取っておいた床柱(五寸角)で、設計士さんの計らいで今回この家のどこかに使おうということになっていました。母親の話では黒柿(銘木)だと聞いていましたが、板状に割いてみると黒柿ではないらしく、花梨か何かだろうということでした。
 父も生きていたら何かしら関わりたかっただろうと想うと、あの世ではあるけど喜んでくれているといいなと感慨深いのでした。
 
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 14:01 |
宮代の家(新年)
皆様、あけましておめでとうございます。
昨年はノグチ靴工房にとって区切りの年になりました。
今年からはこの先の10年を見据えながら、新しい試みと共に歩みを進めてゆくことと成りました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さて、正月に実家へ帰省しましたので拙宅の様子をご報告します。
外観はここ1ヶ月くらい目に見えて変わった感じはなく、外壁や内装の下地を作っている状況。
1階リビングから吹き抜けを見上げると、片流れ屋根の最上部で階段上の天井が見えます。
2階は吹き抜けを中心に回廊風になる計画で、各部屋の引戸を開けておくとグルリと回れる空間になります。

今後の作業で、外壁はガルバリュウムの素地(無塗装の銀色)で内壁はケナフ紙を貼ってもらう予定。ガルバリュウムというのはいわゆるトタン板です。
設計士さんに外壁の素材と色はどうしますか?と聞かれた時に「銀色=トタン」でと答えたら、
良い選択だと思いますが、それを選ぶ人は珍しいと言われたことを思い出します。
でも、設計当初から拘っていた「質素で小さい家」には、銀色のトタン板がお似合いだと以前から決めていたのでした。

足場を取り払った時、どんな家が現れるか楽しみになってきた!

外観
吹抜
回廊
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 10:54 |
祝上棟!
上棟1
「コルビジェの小さな家」みたいに簡素で小さい家を作りたいと設計士さんに相談したのは確か2年前の冬のことだったか。あれから幾多の試練を乗り越えて、ようやく11月4日にめでたく上棟を迎えることとなった。
天気にも恵まれ作業は朝から順調すぎるくらいに進み、午後3時頃には最後の棟木が上がって準備が整ってしまったほど。(それだけ家が小さいということか?)一番上階のロフト部分に設計士さん、施工者業者さん、大工さんと自分が上って、お神酒で清めて3本締め。

昔、親父が大工だった頃は、上棟となると杉樽に紅白の餅を入れたものを幾樽も用意したり、幣束という角材に五色の布を長く垂らしたものを棟木に縛りつけたりして、クライマックスはその紅白餅やお菓子や小銭のおひねりを上から投げたものだった。ご近所さんが下でエプロンを広げて、子供はかけずり回りながら、まかれたお供えを大喜びで拾っている姿を今でも鮮やかに覚えている。

棟上げにはそういう高揚感があった。
近頃は式が簡素化されてお餅やおひねりは投げなくなったそうだが、その気持ちの高ぶりは今も変わらずその儀式に流れていて、何とも言えない懐かしさのような感覚で上棟式は締められたのであった。

簡素で小さな家だけど、確かに家族の夢がそこにはあるのだ!
 
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 18:20 |
地鎮祭
地鎮祭
しばらくご報告が滞っていた「宮代の小さな家」。
今週の月曜日にようやく地鎮祭まで漕ぎ着けることができた。
当日は、台風17号がかすめるかという荒天の予報に反して汗ばむくらいの夏日となり、絶好の地鎮祭日和?(汗だく)であった。
2年前から打ち合わせを重ねて来て、途中で計画自体が頓挫する可能性もあった状況で、喜びはひとしお。

これで、僕ら家族の「小さな家」は10月に着工して、来年の3月には完成の運びとなる予定。
皆さんにも良いご報告ができて一安心。
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 12:09 |
家の打合せ 15(見積り調整とローンの話)
先日、月一恒例の家の打ち合わせのために埼玉の実家へ行って来た。

郷里の埼玉に戻ろうと思い立ち、そこに自分たちの家を建てるべく地元の設計士さんや施工業者さんと打ち合わせを重ねること、今回でなんと15回を数えるまでになった。そろそろ家の最終的な図面とか建築費の総額などが出てきたところではあるが、費用を予算内に収めるために階段や吹き抜け手摺を鉄で製作してもらう計画を諦めたり、床面積を減床したりとなかなかネガティブな作業が続くのであった。

そして、最大の懸案は資金の確保。当然銀行などでローンを組んでお金を借りることになるのだが、そこは名もない自営業者なので、なかなかすんなりとは貸して頂けそうにないのである。また、ローンで家を建てた方はもちろんご承知と思うが、実際にローンが下りるのは家が竣工してからで、新築を購入するのではなく一から建てる場合は、その工期中に設計費や施工費を何回かに分けて支払う慣習があるので、総額の半分から2/3くらいの現金がローンが下りる前に必要なのである。
お金がないから借りようというのに何か不条理なシステムだなと思うのだけれど、それで別件でつなぎ融資という救済システムがあって、改てさらに手数料と利息を払うと自分が借りるはずのお金を原資に前借りできるという、さらに不条理で不可解なローンが存在しているのである。(借りる当の本人も理解不能である)

何はともあれ、少しずつ着工に向けて進んではいるので、今秋には良いご報告ができるものと思いたい。
 
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 12:04 |
設計打合せ6
宮代の家6 
4月に第6回目の設計打合せが終了した。

今回の打ち合わせで、家の外枠と各階のスペース配置・配分がある程度理想の形に近づいただろうと思っている。この状態で完成すると、建築面積が約18坪で総床面積は34坪程、1.5階建ての片流れ屋根の家ができそうである。

ここで月一で行っていた打合せをひと休みして、事前に基礎見積りというものを出して頂く運びとなった。少し時間がかかるそうだが、大枠での建築金額が出せるようなので、これから家のディテール(内装や設備など)を決めていくときの指標にするそうである。
つまり、予算内に納めるにはどんな部材が使えるかや、どのグレードの設備を選ぶかということの目安になるらしい。そして、通常の場合は大抵予算内に納まらないことが多く、部材の単価や設備の質を落としていく作業に移行してゆくことになるらしい。最終的には設計を見直して、これだけは譲れないところはどこか?という究極の選択までゆくケースもあるそうだ。

設備といえば、予定では薪ストーブをぜひとも導入したいと思っていて、今夏の休みを利用して制作者であるイエルカ・ワインさんに長野のご自宅兼工房まで会いに行こう!と計画しているところである。

さて、最後の最後にストーブを取るか、部屋を一つ減らすかというような究極の選択にならなければ良いなと願っている。
| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 17:11 |
家の設計(打合せ4・5)
 「宮代の家」の打合せが月1回のペースで順調に進んでいる。
2月と3月にそれぞれ第4回と5回の打合せがあったので、備忘のために経過を記しておきたいと思う。

2月に第4回目の打合せ。
その前の打ち合わせで総床面積40坪超のプランを提示して頂いてあって、(初見のときに口走った「コルビジェの小さな家」のような佇まいにしては)少し大きすぎるなーという感想をお伝えしていたら、今回は総床面積で33坪くらいのプランにダウンサイジングされていた。
一階に玄関と来客用のパブリックスペースを兼ねた広めの土間と小上がり、リビンング・ダイニングと水回りが最低限の大きさでまとめられていて、一階部分は自分たちの抱いていたイメージにかなり近くなったと感じたのであった。

さて、第5回目は3月の末。今回は「上階」のプランニングをどうするかである。
これも初見の打ち合わせ時に、「2階は嫌なので1.5階にしてください」と言って、設計士さんも初耳だと言う無理難題をお願いしていたこともあり、2階ではなくてあえて上階と言わせて頂くのであるが。
上階には吹き抜けを設けて、階下のにある薪ストーブ(長野にお住まいの、イエルカ・ワインさんという外国の方が手づくりしている薪ストーブと決めている)の暖気を天井の片流れ屋根に導くようにして、その吹き抜けをを取り囲むように、来客用ベッドルーム、夫婦の部屋、子供部屋に加えて小さな仕事部屋があれば十二分である。

来客用ベッドルームや仕事部屋があるなんて贅沢でちっとも「小さな家」じゃないと感じる方が少なからずいらっしゃると思うが、家のすべての部屋の基準寸法を布団が2組敷けるくらいの4畳半程度と想定しているので、部屋数は多くてもそれぞれの部屋は質素で、来訪される方もコンパクトな家だと感じられるだろうと思っている。さらに来客用とする予定の部屋は、片流れ屋根の一番低い所にあって天井高が2メートルくらいしか取れない(なぜなら1.5階だから)ので、あたかも屋根裏部屋といった風情で意外にも喜んで頂けるのではなかろうかと、勝手にポジティブな想像をするのである。

さて、第6回の打ち合わせでその上階のプランを設計士さんが詰めてくれている予定なので、次回の報告をお楽しみに!


| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 18:39 |
家の設計(打合せ3)
片流れ屋根の家

先月、「宮代の家」の第3回目の打ち合わせがあった。

その前の打ち合わせでは、作りたい家について「こんな感じ」というものを好きなだけ列挙させてもらっていて、今回それが「形」になって表れたのがこれである。

こちらのプランを含めて2通りの設計図と建築模型(各プランごとに大きいのと小さいので合計4つ)を作って頂いてあって、家のスケール感や全体像を掴むために作った模型なので、まだこの形に囚われないでいいですよと言われた。

それぞれのプランは、4枚の角度の違う屋根が合わさっている変則的な片流れ屋根のプランと、建物がL字形に展開している少し広めの空間プランがあって、自分たちは家に何をもとめていて、逆になくても良いものは何なのかを一つずつ確認してゆくための提案であったのだろうと思っている。

その設計図と模型は頂けるということなので、茅ヶ崎に持ち帰って夜な夜な模型を取り出して、あーでもないこーでもないと話をした結果は、
簡素で小さい家だけども、住みやすくて楽しくなるような工夫が施されている「普通の家」というのが僕らの希望なので、前者の片流れ屋根の家に近い感じでプランを進めてゆくことになるだろうと、後日設計士さんに伝えたのであった。

でも、変則片流れ屋根は構造的にカッコイイのだけれども、普通の家には少し贅沢でクールな感じがするので、結果的には普通の片流れ屋根になるだろうと思うんだな〜。設計士さんゴメンなさい。



| 宮代の家〜農のある暮らし〜 | 09:55 |
| 1/2PAGES | >>