CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
身体で感じることが大事なこと

 こんにちは!久しぶりの投稿で失礼します。

ある意味この書き出しも定型化してしまっていて少々心苦しいのですが、このブログを見て頂いている数少ないファンの方(いればの話ですが)へ細々と更新している次第です。

 今回は靴づくりと身体感についてお話ししようと思います。そう言うと靴を履くところの身体的反応や身体運用に関しての話と想像されるかと思いますが、ちょっと指向が違いますので興味がある方は読み進んでいただければ嬉しいです。

 

 さて、以前このブログで「妄想力」というお話をしました。その中で、手づくり靴の職人でも何でも、自分で実現したい夢や目標がある場合は本人の思考の中だけで精錬しているだけではダメで、それを言葉にして身体の外へ出すことが、自分を希望の場所へ連れて行ってもらえるパスポートになるのだということ。そしてそれは、一旦口走ったら周囲に対して引っ込みがつかなくなるからね、というような単純な思考ではなくて、本人の思考回路のレベルを一段階引き上げるようなことに近いのだろうと書きました。

 それを書いた当時は、どういう理路理屈でそのようなことを言っているのか論理的に証明するのは難しいが、自分自身が靴の世界で独立独歩を志向した20年の歩みの中で、身体感覚として感じ、実践してきた経験から出た言葉でした。

 

 先日ある本を読んでいてその理路理屈の一片が見つかったかもしれないという出会いがありました。それは医師であり合気道家でもある佐藤友亮氏の『身体知性』という著書の中でこう書かれています。

「心は身体によって作られている」

 西洋医学的には人の意思というものは単に脳の所業のように考えられていると認識していましたが、意思決定や判断には身体的な入力による経験、いわゆる情動とか感情といわれるものが大きく関わっていて、特にそれらは「正解」が分かっていない問いに対して「正しい判断」をするのに真価を発揮するのだと。

  

 就職や結婚、新しい仕事で独立するなどの「どうしたらいいか分からないとき」に「どうするかが分かること」は死活的状況においても生き抜く力があるのと等しいことを示しています。

 夢や目標を言葉にするということは、単に言語化する能力が備わっているからできるのではなく、自分を外部から俯瞰して可視化認知する能力、「メタ認知」があってはじめて今の自分の状態を言葉にして表現することができるようになるのです。外部から誰かに(自分に)見られていることを想定して自分自身の身体入力にいつも意識を巡らせていると、ここぞというときに、ここぞという場所で、この人に、対して有用な正しい選択ができるようになるということです。

 

 自分の身体的な感覚であった「夢や希望を言葉にして身体の外に出す」という概念に「メタ認知」ということばを与えてもらったことで、今この文言をみなさんに伝える判断に至った訳で、さてそれが正解か否かの答えは、これからのワークス生や手づくり靴を志向する次世代に委ねようと思います。

 

| works | 08:59 |
はじめの一歩

 先週末にワークス(靴の専修コース)の第12期生が修了を迎えました。

修了を迎えたといっても、一般的にそのような学校で行われるような卒業展や卒業式のようなものはなく、最終日に1年間ご苦労様という意味で軽食を用意して、一緒にランチをしながら毎年お決まりである(以前のワークス生はみなさんご存知)手づくりの記念品をお渡しすることをしています。そこでその時に思っている事を修了生にお話しするのですが、事前に考えている訳でもなく、その場で生徒達に贈る言葉として湧き出してきたことをお話しするので、ここにその時の話が支離滅裂だっただろうことを踏まえて加筆、校正して記録しておきたいと思います。

 

 さて、みなさんはワークスで1年間を過ごされて来て、入学した当初は当然靴づくりなど経験したこともなく、果たして自分に靴を作ることができるのだろうかと思われていたことでしょう。そして1年経った今、みなさんは立派に靴が作れる様になっている。課題であった基本構造の靴を数種類ではあるにせよ、作れなかったものを作れる様になったということは、単純に凄いと言って良いのではないでしょうか。

 

 話は私事なのですが、先日娘の卒園式に出席することが叶いまして、その時のことを少しお話しさせていただこうと思います。娘の通っていた幼稚園は、何事も諦めずに「できるまでやる」をモットーにされていまして、またそれと同時に何よりも園児それぞれの「できる」は当然違って良いという、園児の性格や特性、いわゆるパーソナリティーを尊重する理念を幹にして教育をされています。そこでの卒園式は一般に見られるような、卒園証書を渡して、みんなで歌を唄って、集合写真を撮るようなそれではなく、園児が年長期に練習してきた側転や懸垂逆上がり、跳び箱などを披露する場としてあるのです。園児はそれぞれ体格や特性の差がありますから、みんな同じく保護者が驚愕するような高さを跳べることが求められているのではありません。自分自身が設定した目標の高さの跳び箱や鉄棒で、その高さがクリアできたらまた一段上へと目標を一つ一つ諦めずに踏破してきた結果を、卒園時に保護者のみなさんへ披露するのです。だから、ハンディキャップのある園児は逆上がりではなく前回りだったりするのですが、それがその子が1年間努力して諦めなかった結果だから、その子だけ違う事をしていてどうかなどと思う保護者は誰一人としていないのです。入園した当初は何もできなかったのに、竹馬や逆上がり、高板登り、側転など、自分の目標に対峙して目の前の小さなことを一つずつ、一歩一歩あゆみを止めなかったからこそ目標にたどり着けたのだと思います。その点で言えば、幼稚園児も大人(実際幼稚園児を見て身を正す人もいるでしょう)も関係ないのだ、ということが強く心に響いた式でもありました。

 

 みなさんは、これから自分の工房を開いて靴で独立を果たしたり、他の仕事をしながらも靴づくりを続けていったり、自分やご家族の靴を作ることだけでも生活を豊かにすることが可能になるでしょう。靴にどのような形で関わっていかれるとしても、目の前の小さな一歩を踏み出さなければ何も始まらないのです。また言い換えるならば、どんな偉業や成功も或る日突然そうなったのではなく、必ず「はじめの一歩」があったということなのです。以前からワークスの卒業生等によく言っていることがあります。靴の仕事で独立したいのなら、職人さんの元で何年も修行して靴づくりの技術を学んだ人も、学校で1年修学して何とか基礎だけ習得した人も、靴づくりで独立して社会に出るということに関してはスタートラインは一緒だよ。ならば経験は1年そこそこでも、先に一歩踏みだした方が早く自分の目標に辿り着けると思わない?

 

 ワークスの入学説明会の冊子には、靴づくりは自分自身の生き方の表現であると書いています。手づくり靴は自分の手の内のことなので、自分が作りたい靴、作ってあげたい人、作っていきたい環境、そして望む社会を靴を使って表現すればいいのだと。だからといって、手づくり靴は一人だけで何でもできると謳っているのではありません。それでは独り善がりでしかありません。実は手づくり靴が成り立つためには、逆に社会でそのことが必要とされ、人々に求められていなければならないのも事実なのです。自分自身の存在は他者に生かされているという思いを持つことが、独立独歩で靴の道を歩んでいこうという心持ちとは背中合わせで、逆も真なりと言えるのでしょう。

 同じような意味のことを、京都市立芸術大学学長の鷲田清一氏が平成29年度卒業式式辞で明快に述べられおられます。私なりに解釈したところを、搔い摘んでいて恐縮ですが紹介させていただきます。

 

 「わたし」というのは、銘々がそう思っているほど確固としたものではありません。「わたし」の表現とは、じつは「わたし」の存在が負っているものすべての表現でもあります。その意味でいかにプライベートに見える表現も、同時に「時代」の表現なのです。そう考えると、「わたし」は、じつは時代がみずからを表現するときの<器>のようなものだということになります。そういう<器>として「わたし」に何ができるのか。みなさんにはそういう視点をいつも持ってほしいと思います。

 

 芸術についていえば、みなさんは内にある何を「表現」というかたちで外へ押し出すかをずっと考えてこられたと思います。けれども<器>という考え方は、これとは違います。<器>は何か別のものに充たされるのを待つからこそ<器>なのです。

 

 今日、みなさんの旅立ちへの餞の言葉としては、みなさんにはどうか芸術を人生の軸として生きることは、独創的な表現の<主体>になることではなくて、社会の<器>になることだということを心に留めておいて欲しいと思っています。

 

 

 器について言えば、民藝運動を率いた柳宗悦は、日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」があると説きました。靴もいってみれば足を受け止める器のようなものです。そして歩くことを厭わず、健やかな生活を送ることに寄り添うような靴が「美しい」靴だと言えるのではないでしょうか。

 みなさんも、自分が目指す美しい靴、良い靴とは何かを探求しながら、いままで支えてくれた人達や社会の中で何かを充たしてあげられるような、質素でも美しい器になれるよう、目前の一歩を踏みだしてください。

 

| works | 12:16 |
WORKS秋期開始

今週からワークス秋期生がスタートしています。

昨日のオリエンテーションを経て、今日は足の採寸から木型セオリーの講義まで盛りだくさんでした。

 

初日に感想を聞いてみたところ、この工房に通うと決断した後に生徒たちの周囲からは、どうなるものか先が見えないという不安の声が少なからずあったそうです。本人たちからも、多少そのように思っているところがあるのかなと感じました。

 

でも良く考えてみてください。行く先や、そこで何者になるのかを既に皆が承知であることに、わざわざ仕事を辞めたり周囲の反対を押し切ってまでやるだけの魅力があるでしょうか。未開の地に挑んで、自分が歩んできた道とその先で到達できる特別な場所こそが、自分にとって一番価値があることではないのかな。

万人が認めてくれなくても、自分が歩んだ道と到達した場所が正しかったと自分自身が納得できればそれでいいんだと思います。未来のその瞬間のために、自分の精一杯を賭けて今を過ごしてもらいたいと、強く思います。

 

秋から2名が加わり、新しい刺激とともに気持ちを新たにして、僕も11期の生徒と一緒に駆け抜けます!

| works | 18:59 |
WORKSが変わります。
WORKS(靴の専修科)は、今年度・第11期から二期制になりました。
定員は春入学3名、秋入学3名で総員は変わりませんが、入学時期をずらすことで一人ひとりの生徒と向き合える時間と手間が増えることが、今回の変更に至る大きな理由です。以前から考えていたこですが、幸いというか春入学の生徒が少なかったことも、二期制に踏み切れる良いタイミングだったのだろうと思っています。
当の生徒達も、先輩が取り組んでいる半年先の課題を傍らで見ることで、次の作業や課題全体へのイメージがより掴みやすくなることでしょう。

さて、靴とはなんぞや!

自分にとって良い靴とはどんなものか、どういう靴を作ってどんな人に手渡したいのか。
そして、将来どんな社会を築いていきたいのか。
今までの自分と向き合って靴との関わりを探求していきます。
靴の本意とは何かと考えることは、
自分自身の「生きかたち」を見い出す手がかりにきっとなるはずです。

興味のある方は是非靴工房を見学に来て、目と耳と肌で工房の空気を感じてください。
| works | 09:52 |
手づくり靴というもの

この3月に手作り靴の専修科「WORKS」の10期生が卒業を迎えました。今は4月から新たに浦和工房に通い始める11期生のための準備を進めているところです。昨年から「Village」となって、湘南地域の手づくりコミュニティーの担い手となるべく奮闘している茅ケ崎工房でも、運営を任せているクルーの新旧入れ替えなどがあったようです。
そこで、いま手づくり靴に携わっているみなさんや、これから手づくり靴を目指そうという方々に向けて、手で靴をつくることの本意とは何かを考えてみました。

当工房の「WORKS」では年齢や学歴、経験等の入学条件は一切ありません。誰でも靴の作り手(あえて靴職人とは言いません。これからの作り手は以前の職能的呼称の範疇では納まらなくなっていくと感じているからです。)になることができます。そして、在校生や募集説明会に来られた方からよく受ける質問に、「どのくらいの年月修行すれば仕事になりますか」とか「どのくらいのレベルまで到達したら独立が許されるのでしょうか」といったもが多くあります。
僕はよくWORKSの生徒に言うのですが、最初の課題ワンピース(構造的に一枚革でできてるパンプスなどの靴)が終わったら、もうその靴に関しては教えてもいいんだよ。パンプス講習会とか謳ってワークショップなんかを開いてみたらどう?という具合に。
靴づくりは(幸か不幸か)公認されているような資格がないので、いつ誰がどのくらいで始めても良いと基本的には思っています。だから一つ靴の作り方を習ったら、それを教えて欲しい人に教えてあげたら良いと真面目に思っています。そんなことを言っていると、靴業界だと思われる人から「もっと靴のことを勉強してから言え」などと、もっと技量が上の人がいる中で、その程度で何を言うか的な指摘を受けたこともありました。ただ先程も申し上げましたが、靴づくりはお上や業界団体の許認可を受けてやらなければならない仕事ではありません。なので、どのくらい修行すれば仕事として成立するのか、どの程度の技量をもっていればお客さんを取ってもいいかなんてのは自分自身が決めることなのです。
つまり誰かの評価など気にせずに自分がやりたい様にやればいいのです。また逆説的に言うならば、だから誰にでもできるものではなく、誰かに言われるまでもなく自らを鼓舞して、自戒の気持ちを忘れずにやり続けなければならない仕事だとも言えるのです。

さらに言うなら、靴づくりは単なる仕事という枠を飛び越えて、作り手の生きかたちの表象かもしれません。

靴を自らの手で作ることで(規格靴をオートメーションのごとく作るのではダメなのね)自分の中にしっかりとした一本の幹ができます。そして、どんな人に手渡したいのか、どういう人達と関係を築いていくのか、どういう環境で生活したいのか、どういう思想をもってどんな社会を築きたいのか、それらの願いや苦悩が「どういう靴を作りたいのか」というカタチに結実するのだと思うのです。そして、もし信認や評価を求める対象があるとするならば、それは靴づくりの名人や業界団体のお偉方ではなく、手渡した靴を履いてくれるその人に他ならないのです。

手づくり靴は自身の「手」に全てを託して、自分を全うしようとする「生きかた」です。だから、誰に何を言われようとも自分のペースでそれぞれ一人ひとりの個性を存分に発揮して、人生と寄り添うような靴を作り続けていけば良いと思うのです。
 
| works | 18:29 |
足と靴のお話(ハイヒールを作らない訳)
当工房では通常の革靴はもちろんですが、自転車の専用シューズも作っています。どんな靴を作る時にも共通して言えることですが、足と靴の基本として気をつけていることがあります。それは足の「ニュートラル」を保つ(崩さない)ということです。特に自転車用シューズになると、足をニュートラルにしておいて石膏取りした足型で靴を作る程です。

ではまず足のニュートラルが何かを説明しなければなりませんね。
靴を作る工房は沢山増えましたが、足のニュートラルを意識して作っているところは、僕の学校の卒業生のところ意外ではあまり聞いた事がありません。しかし、現在の足病学や足を扱うプロの分野では常識となっている理論なのです。
足がプロネーション(回内)もサピネーション(回外)もしていない状態を「ニュートラル」といいます。足骨格の理想的な状態を指し、それが崩れる事で足の機能不全や靴の不適合が誘発されます。外反母趾や開張足という足の不具合は殆ど足のニュートラルが崩れていること(オーバープロネーション)に由来します。また、膝痛、腰痛といった症状も足のニュートラルが崩れたことが原因で起こることがあります。それほど靴を作る上で「ニュートラル」を意識するかそうでないかは重要なことなのです。

当工房ではHPでも謳っているようにハイヒールはつくりません。ロウヒールやミドルヒール(3cmくらい)の丸グリのパンプスは作りますが、ハイヒール(聞くところによると4cm以上がハイヒールらしい)はお断りしています。ではなぜハイヒールは作らないのか?勘の良い方はお分かりだと思いますが、ハイヒールは足のニュートラルを崩してしまいます。
少し専門的になりますが、足がニュートラル(回内でも回外でもない状態)であるためには、足の距骨下関節と横足根関節(ショパール関節)が安定していることが条件になってきます。その点で足をハイヒールの形にすることは、横足根関節を開く(関節がゆるくなる)ことになり、足のオーバープロネーションを助長する状態になるのです。そうすると隣接している距骨下関節も回内し、足のニュートラルは崩れてしまいます。
ハイヒールを履いている人を良く見てください。膝が内股になっている人を多く見かけます。膝の内股(脚部内旋)と足部の回内は連動していますので、ハイヒールを履いて膝が内側に入っているのは足のニュートラルが崩れている証拠です。

靴を作ることは、少なからずその靴を履く人の健康に責任を負っていると考えると、足の解剖学やバイオメカニクス(生体構造学)などはこれからの靴職人(靴のつくり手)には必要不可欠な知識なのだと思います。
 
| works | 13:19 |
WORKS説明会に思うこと
ワークス(手づくり靴の専門コース)について書くのは暫くぶりのように思います。
毎年10月から2月の間にワークスに参加するための説明会を合計5回開催するのですが、今年はあと一回を残すまでとなりました。総括としてはまだ少し早いですが、いつも説明会で言っていること(思い返したらいつも言っているなと気づいたこと)を、説明会に参加しない方へも特別にお話ししようと思います。

大変失礼な話ですが、当方の説明会に来る方、ましてやワークスに入ろうという方は「変わっている人」だなあと思ってしまいます。というのも、今では都内や地方でも数多の著名な靴工房がある中で、毎年募集定員6〜7人の小さな靴工房に1年間通うのですから。また大手の専門学校などのように、業界への就職斡旋や海外留学などありませんし、イタリアやイギリスの有名なブランドで修行してきた肩書きがある訳でもない。それでもこのノグチ靴工房に来ようというのだから「変わり者」だと言わざるを得ません。
そんな状況でも、ワークスを始めてから今期で10年目が修了し、70人を越える人がこの小さな工房から巣立っていくことになります。

さて、「過去は変えられないけど、未来は変えられる」というのは良く聞きますよね。でも僕は「過去も変えられる」と確信しています。僕は茅ケ崎と浦和で靴工房を開くために店舗物件を契約するという経験を3回しましたが、三度とも物件を内見した当日に契約を決めました。まったく気に入らない場合は別ですが、はっきりとは言えないけどどこか好きな所(窓の感じが良いとか、その場所までの道が初めて通るのになぜか懐かしいとか)があると、多少の不具合はあるのは承知でもその物件で即決してしまいます。
そして、その時の「はっきりとは言えない何か」が将来、あのときの感覚は間違いだったと思って後悔するのか、自分の直感を信じて良かったとなるのかは、未来の自分次第で変わるのだと言いたいのです。過去の自分はこれからの生き方で十分変えられます。

次期のワークス諸君もそんな「何か」を自分の中に見つけて当工房の門を叩くのだろうと思います。そして、その時の自分を肯定してくれるのは誰でもなく自分自身しかいないのだよと、これから新しい道に踏み出そうとしているみなさんへエールを送ります。
| works | 13:54 |
WORKS/10月と木型理論
ここしばらくWorksのことを書いていなかったので、記録も兼ねて現在の状況をご報告しようと思います。

浦和工房でのWorks(専修課程)は順調すぎるくらいに例年と変わらずに進んでいて、生徒達も各自良いペースで課題を消化しているようです。現在は主に内羽根靴とその専用木型を作製している状況で、年内にローファー、モカシン辺りまで終わるとすると、来年の春までに全課題を修了する目星がつくかなという具合です。

さて、そこでWorksでの木型補正・修正に欠かせないのが、ロウ(歯科技工用の特殊なもの)を使用した木型構築技法です。
一般的に靴工房でやられているそれとは違って特殊な技法なので、今回はそれを少しご紹介しようと思います。
当初は工房とそこで学ぶWorksも他の殆どの靴工房がやっているように、革やパテを使った木型補正・修正法を採用していました。Worksを指導するようになってから何年かして、もっと木型に関して突っ込んだ知識と勉強の必要性を感じて、自作工房ヒロの斉藤先生の門を叩いたのが木型のロウ付けの始まりでした。
斉藤先生が作り出したその技法では、歯科技工士が使うロウを利用することで足寸法の微細な修正が可能になったのと、ロウは何度でも再生使用することができて臭いや細かい粉塵などが出ないので、環境や人体に非常にクリーンな作業を可能にしました。

そして、それ以上にロウで木型を補正・修正することは、木型上で出来る造形の可能性が広がったことで足と木型の構造をより深く考察し、木型構築を改めて学問として再構成・再認識することを可能にしたことが最大の功績だと思っています。
 ある同一人物にローファーや紐靴やブーツを作る場合、靴の作り手の中では今でもそれらは全部同じ木型で出来ると思っている人が少なくない。足が脱げやすいことで共通性のあるパンプス・スリッポンとローファーは、実は違う構造の木型が必要になることを明確に説明できる人は、僕が見聞きしてきた経験上では殆どいないはずです。

当工房のWorksと先般告知した木型専修講座(Last&Pattern class)では、そのロウ付け技法を取り入れた木型構築理論が修得できるようになります。来年からの第11期ワークスの説明会も10月から毎月一回開かれていますので、興味のある方は是非説明だけでも聞きに来てくださいね。

 
| works | 13:54 |
説明会終了
第10期(2015年度)ワークスの説明会が、2/8(日)の回をもって全日程を終了しました。
今年も沢山の方に工房に来て頂いて、手づくり靴の魅力や手づくりで伝えたい事をお話しできたことを嬉しく思います。
ワークスに通うと決めた人やそうでない人も、「手づくり靴」をモノサシにして、今後自分の生活や社会のことを考えるきっかけになってくれると良いなと思います。

さて今週の月曜日、浦和工房の準備に行ってきました。
作業台になる天板を受け取って、馴染みのミシン屋さんから頂いた古いミシンの脚に仮組みしてみました。あとは天板を塗って脚を固定すれば完成になる予定。
道路沿いの窓際はダウンライトだったのをフランスのペンダントソケットに変更しました。年代物の革用ミシンとスキ機がライトの下で良い雰囲気を出してくれるといいなと期待と妄想が膨らみます。

まだ準備は始まったばかり、浦和工房のリノベーションをお楽しみに!
入り口作業台ペンダント
| works | 12:18 |
第10期WORKS(告知)
JUGEMテーマ:学問・学校
works/木型補正

第10期(2015年度)ワークスの募集要項と説明会日程をHPにアップしました。来年からワークスは埼玉の新工房での開講になります。
埼玉をはじめ栃木や群馬方面の方は、今まで手づくり靴を習いたくてもそういう場所が少なかったように思います。
興味のある方は是非説明会に来てみてください。
(写真:木型をロウで補正しているところ)
| works | 19:37 |
| 1/11PAGES | >>